2016 |

2016.01.04

父がいなくなってちょうど一ヶ月が経ちました。正直まだ実感が無いところがあります。ただ、30年かそこら生きてきて、こんなに人生について真剣に考えたことは無かったかもしれません。こういった出来事は誰しも、否が応にも今後の仕事、生き方に影響してくるものなんだろうと思います。

喪中ということで、年始のご挨拶も控えさせて頂きました。お知らせが行き届かず、年賀状をお送り頂いた皆様、申し訳ありません。ありがとうございます。

2016年、お客様にとっても、自分たちにとっても、より「らしい仕事」をつくっていくつもりです。本年もどうぞ宜しくお願い致します。