|

2016.11.11

ymd027

 

モノのフォルムや色、テクスチャ、その他もろもろ。その発している声に耳を傾ける。
前職である THE CONRAN SHOP のディスプレイの現場で教わったことです。人間でもそうですが、しっかりと主張している人やモノは、なるようになるんだと思います。みんなが聞き逃すような声にならない声に、つぶさに耳を澄ます。言い方を変えると、対象そのものよりも、その「見方」が大事というような事だと思います。先入観や社会の常識、自分のエゴや雑念その他もろもろ、、その声を邪魔する「雑音」は多いです。相方や一緒にお仕事をさせて頂いているクライアント、共にチームを組む他の作り手と話していて、自分の聞き落としていた声にはっと気付くことがあります。聞き落とさないよう、少し静かにしないといけないんだと思います。