2020年9月12日 |

2020.10.12

時間が経ってしまったが、ひと月前の2020年9月12日、テレンス・コンランが逝去した。短い期間だったけれど、彼が生み出した店に籍を置いていた人間として、やはり多大な影響を受けていたなぁとあらためて感じてる。VMDとして勤めている頃、イギリス本国のディスプレイの生写真を綴ったファイルを食い入るように見ては、考え、盗み、実践し、(たまに怒られ)、「ものの見方」を養わせてもらった。

デザイナーが領域に囚われず包括的な視点を持つこと。半世紀以上前から今まで、一貫してそれを実践してきたことにはあらためて驚きだ。ディスプレイだけではなくオリジナルプロダクトにも彼の哲学が、血が、通っていた。彼らが手がけるプロダクトはいつだって王道。素材の魅力を生かした骨太なデザインが多かったし、何より楽しい空気が滲み出ていた。それがイギリスという国の大きさなのかどうかは僕は知らない。ただ、テレンス・コンランが沢山のデザインの種を世界中に蒔いてくれたことは、みんなの追悼の声を聞けばわかる。そして彼は、種が未来をつくることを意識していたんだと思う。

R.I.P. Sir Terrence Conran