掲載情報 |

2022.05.12

ELLE DECOR no.175 2022年6月号に〈いざわせいとう〉の UFO POT が掲載されてます。ご紹介いただいたスタイリストの中田さま、いつもありがとうございます。

※いざわせいとう UFO POT は現在在庫なし。2022年下期に再販予定。

 

no title |

2022.04.19

「アイデアに貧しいデザイナーほど高価な材料をつかいたがる」 Bruno Munari

調達力 |

2022.02.06

メーカーにいるとき「調達部」という部署の仕事を意識したことは、正直あまりなかったかもしれない。材料を、サプライヤーを探す。見積りをとる。できるだけ会う。試作発注する。関係性を築く。言葉にするとシンプルなことの、なんと一筋縄でいかないことか。つくれるところが見つからない。コストがはみ出る。返事がこないこともしばしば。いま開発中のいくつかのプロダクトで絶賛もがいてる。これまた、ここでの「粘り」が「質」に直結するもんだから、簡単には音は上げられない。こんな言葉あるのか知らないけど、「調達力」は(フリーの)プロダクトデザイナーとしては重要な資質だろうなと。

ハロー2022 |

2022.01.05

 

子供の保育園とともに今年もぼちぼち始動。新たに始まったプロジェクトも、継続しているものも、つくるべきものを つくるのみ。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

Design Anthology Awards 2021 |

2021.11.12

有難いことに受賞関連が続いている。Design Anthology Awards で、いざわせいとうの Mikawa Blend series がファイナリストに選定されたDesign Anthology は香港を拠点にアジア・オセアニア地域のデザインに焦点を当てた雑誌メディア。残念ながら入賞は逃したが、いざわせいとうはオーストラリア、台湾で多くの方に愛用してもらっている製品ということもあり、ぼくらにとっても嬉しい知らせとなった。コロナの影響で現在生産が叶わない状況が続いているが、また近い将来、生産再開できる日を願って、井澤さんたちと今できることをやっていきたい。

 

Design Intelligence Award 2021 |

2021.11.07

岸本挽物の NEWTONS が、中国の国際アワード Design Intelligence Award (DIA) にて、佳作にあたる Honorable Mention を受賞。入賞は逃したが、今年度は世界中から8000近い応募が集まり、200強の製品がこの Honorable Mention に選定された模様。倍率でいうと0.03にも満たないほどだし、周りのエントリーを見渡しても所謂「役に立つ」問題解決型のデザインばかりが受賞してるので、NEWTONS のようなファジーなデザインが喰い込んだ事自体が大健闘っしょ。と二人して勝手に解釈している。お国柄やアワードの成熟度によって、デザインへの物差しは大きく異なってくるが、今回のようにアウェー(?)でも一定の評価を得られたのは、NEWTONS の可能性を感じられる収穫だったように思う。

 

ご購入はこちらから。

卵とニワトリは同時に生まれる |

2021.11.05

プロダクト、コンセプト、コミュニケーション。自分の体感としては、それらを分断してデザインを切り売りすると、「総合」として取り組んだ場合と比べて効果は10分の1以下になるイメージ。勿論、売上だけの話ではなく、積み上がっていくブランドイメージとして。もはや、モノさえ良ければ〜という時世でもないし、今どきにソーシャルなイメージだけが先行・乖離するのも違う。卵が先でもニワトリが先でもない。卵とニワトリは同時に生まれる。少なからずデザインに投資しようという人間に、これをわかっておくれという方が酷なのだろうか。だからこそ「説得」ではなく、お互いを信じる力が問われている。

雑感 |

2021.09.24

生活全般において「やらないこと」を意図的に増やしていってる。もう数年前から髪を切りに行かなくなったし(ボウズなので自前のバリカン)、インスタの情報もほぼ追わなくなった(発信のみ)。3ヶ月くらい前からお酒を一切飲まなくなったし、甘い物や白米・パンなどの糖質も、習慣として摂らなくなった。食事を変えたのは大きくて、非常に身体が軽くなったし(物理的にも)、頭の中もクリアになってる気がする。欲を言うと家事や散歩以外で、負荷大きめな運動にまとまった時間をとれるようになるとベストかなーと。自営は特に、健康な身体がすべての土台なので、今のうちから家族全員の身体を大事にしていきたいという意識が強くなってきた。健康面だけじゃなく、お金も時間も無駄をカットできるのもいい。兎に角、仕事も家庭も区別なく必要不可欠(最低限)なものだけで構成していたい。絶賛イヤイヤ期到来中の子育てにしても、「やらないこと(子どもに言わないこと)」を増やしていく、というのが生来の神経質にとっての目下の課題。

講評 |

2021.08.08

 

IFDAの図録が届いた。こうやってきちんとアーカイヴされると、少しは受賞の実感が湧いてくる気がする。今年は審査員の講評がIFDAのサイトに掲載されていなくて「今年は無いのか〜」って少し残念がっていたけど、図録に収録されていてよかった。審査員の一人であるデザイナー、マイケル・ヤング氏の講評より抜粋。

 

“個人的には、シルバーリーフ賞を受賞した「三本脚のドロワー」が最も印象的でした。この作品はデザイン性もアート性も兼ね備えています。繊細そうな見た目に反し、非常に力強い存在感があるため、商品として成功する可能性を強く感じました。”

 

「デザイン」と「アート」。言葉が本質から逸れて氾濫するのは世の常だけれど、ぼくらにとってはこの二つは不可分だし、いつでも一つのものだと思ってる。純粋に作品のみを通じて そこをまるごと評価してもらえたのは、これまでとはまた違った手応えを貰えた気がする。これからも信じて進んでいきたい。

isola design awards |

2021.07.06

続けてのご報告。先日のドロワーと岸本挽物の NEWTONS が、昨年からオンラインコンテンツが始まった isola design district のアワードにノミネートされた(アワードはたぶん今年が第一回)。イゾラ地区は2015年のミラノ万博に合わせて再開発され、近年サローネにおいても注目度の高まってきているエリア(らしい)。こうして少なからず世界中の人が目にする場に、しかもオンライン上で気軽に居合わせられるのも、コロナで加速したこととは言え、時代の流れだよなぁと。

アワードの方はというと、一般投票から審査員投票、スポンサー賞まで一通りあるよう。一般投票は7/16までとのことで、清き一票を投じてやるかという方はこちらからぜひお願いします。

 

Newtons
https://isola.design/awards?url=Designer-Projects-Newtons

Three-legged drawer
https://isola.design/awards?url=Designer-Projects-Threelegged-Drawer